笑顔のスーツ姿の男性

税に関する仕事

さまざまな税務

税理士の仕事は、ひとことで言えば「税務」ということになります。今の時代、人は生きているだけでとにかく何をするにも税を支払っていかなければいけない決まりになっています。
物を買えば消費税、働けば所得税、住めば住民税、その他「ホニャララ税」と名のつくものはいろいろあります。
そして、日本ではそれらの税は基本的に「申告制」で、特に働いたら支払わなければならない所得税などは、特に会社を経営している人やお店をやっている人は、自分で計算して申請し、支払わなければいけません。
「何をするにも当然のごとく持って行き、しかも自分で計算しろとはどういうことか!」という気持ちになってしまう人もいるでしょうが、安心してください。そんな人のために、税理士の制度というものが存在しているのです。
税理士の人に相談すると、所得がいくらあるのか、その上でいくら国に持っていかれるのか、計算してもらうことが出来ます。
さまざまな納税のサポートをするのが、中心的な税務なのです。

会社と税理士

「個人と税理士」という関係もありますが、「会社と税理士」という関係もあります。会社は、所得税や法人税などさまざまな税から逃れられない組織ですが、「顧問税理士」などを置いてそれらに対処しています。
会社としていくら国に納めるべきなのか、顧問に任せれば計算してくれるのです。
また、会社に対しては節税対策のアドバイスなども税理士は行っていて、いわば経営コンサルタントに近い仕事も手がけています。
会社と税理士との間には、切っても切れない縁があるのです。

Copyright(c) 2015 専門家に聞こう!税に関することを中心に、法的な手続きについて. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com