笑顔のスーツ姿の男性

相続、その流れ

裁判官と木槌

遺産の整理

人が亡くなると、「遺された物」はそれぞれ適切な方法で処理されることになります。人はこの世からあの世へ物を持っていくことは出来ません。
遺産相続や遺品整理によって、それらはあるべきところに収まるのです。遺産、つまり遺された財産はそれを相続すべき人が受け継いでいくことになります。
財産的な価値よりも、その物に価値があるとされる遺品もまた、「形見」と呼ばれるものになります。
ところで、遺品の場合にはゆっくりと家族や親戚、あるいは亡くなった人の友だちなど、いろいろな人と一緒に整理していく必要がありますが、遺産に関しては「相続」という法律的な事柄が絡んでいるので、「ゆっくり」しすぎるわけにはいきません。
もちろん、たとえば「10日以内に整理しろ」というようなものでもありませんが、一応、「相続しなければならない財産がある」と分かってから10ヶ月以内に手続きすることが求められています。
その手続きの内容というのは、相続人の間でいくらずつ受け継ぐのか決める協議を行うこと、それぞれに相続税の申告をすること、などが含まれています。

遺産相続協議

遺産というものがあることが発覚して、それから10ヶ月。行われることは、具体的に誰がどれくらいの遺産を受け継ぐのか、その協議であると言えます。
亡くなった人の配偶者(奥さん、旦那さん)や子供たちが自動的に指名され、彼らについで両親や兄弟親戚が指名されるというのが相続人に関する決まりです。彼らは法律的に指名されるというので、「法定相続人」と呼ばれています。
あるいは、亡くなった人が遺書を書き遺し、それが法的に効力を持つものであるなら、その遺言書に従って遺産は扱われます。
遺産相続協議は彼らによって行われ、まとまると、それをもとに個々の相続税の申告などが行われることになります。
これが、おおまかな流れといえるでしょう。税理士や弁護士といった、税や法律のプロがサポートを行うこともあります。分からないことがある場合には、彼らに相談すると、解決に導いてくれます。

Copyright(c) 2015 専門家に聞こう!税に関することを中心に、法的な手続きについて. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com