笑顔のスーツ姿の男性

相続、事前の準備

説明を行う男性

早めの相続対策の重要性について

相続税制が改正され、平成27年1月からは、これまでと比べて大幅に基礎控除額が削減されました。これまでは相続税を納めるというのは一部の資産家だけの問題だと考えられていました。しかし、今後は地価の高い首都圏などに不動産を所有している世帯なども新たに納税対象になりうることとなります。相続税の納税対象となるような世帯にあっては、早めに対策を考えておくことが重要になります。相続税対策を行うにあたっては、税の専門家である税理士へ相談を行うことがよいといわれています。相続対象となる財産とその評価額をしっかり把握したうえで、どのような対策を行っていくのが効果的なのかというシミュレーションを行うこととなります。

税理士への相談について

なお、こうした税務相談については税理士の独占業務とされています。無資格の業者の無責任なアドバイスに従って、相続対策のシミュレーションや実際の対策を行ってしまう場合、思うような節税効果が得られないリスクが高まります。節税効果のシミュレーションを示しながら賃貸アパートの経営を勧める業者もいますが、アパートが経営不振となった場合には、相続税の節税効果よりも大きな損失が出る危険性もあります。様々な節税対策のシミュレーションを踏まえて、自分たちの家族の実情に沿ったアドバイスを行ってくれる税理士に相談することがよいでしょう。また、相続の話を先延ばしにせずに、早い段階で家族としっかり話し合っておくことも大切であるといえます。

Copyright(c) 2015 専門家に聞こう!税に関することを中心に、法的な手続きについて. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com